Thinkpad E450の気になる話

Thinkpadを10年使い続ける男が気になる新モデルのレビューなどを書いてみる。ThinkPad E460やX1シリーズの価格情報、デザインの話、他メーカーとの比較。

VAIO Pro 13 mk2~ThinkPad X1 Carbonとの比較

いつもはThinkPad E450との比較をおこなうのですが、

今日は薄型のソニーVAIO Pro 13 mk2が相手なので

同じ薄型の機種ThinkPad X1 Carbonと比較してみました。

 

さっそくですが、比較表をご覧ください。

f:id:akvs99:20150830225825j:plain


ほぼスペックは同じです。

どちらもCore i5で128GBのSSDを搭載。

バリバリのハイスペックというわけでもありませんが、

アッパーミドルなスペックで堂々メインPCとして使える性能だと思います。

 

サイズが13.3型と14.0型で少し違います。

そして大きな違いが重量。

ThinkPad X1 Carbonが1.36kgなのに対し、

VAIO Pro 13 mk2は1.03kgという驚きの軽さです。

f:id:akvs99:20150830225952j:plain

価格はVAIO Pro 13 mk2の方が約9千円ほど高くなっていますが、

0.3kgほど軽いVAIOを選ぼうと思う人は多いでしょう。

 

ただ、この表に載せていない気になる点が1つ。

それはVAIO Pro 13 mk2のキーストローク(キーの深さ)が1.2mmと

かなり浅いということです。

f:id:akvs99:20150830225934j:plain

 

ThinkPad X1 Carbonは1.8mmあります。

この0.6mmの差、実際にタイプするとその打ち心地は雲泥の差に感じることでしょう。

元々浅いキーストロークに慣れている人なら、問題ないかもしれません。

でもこれは1回家電量販店で実機をさわってみた方がいいと思います。

できればThinkPadレッツノートなどのキーボードもさわってみてください。

ぼくの言ってることがわかると思います。


ということで、キーボードにこだわる人はThinkPad X1 Carbonがおすすめ。

f:id:akvs99:20150830230037j:plain


VAIOよりもちょっと重いですが、仕方ありません。

円安の今、かなりの値引きセールをやっているのでチャンスです。

⇒ X1 Carbonがより安く。割引Eクーポン

 

一方、キーボードへのこだわりがない人、もしくは軽さへのこだわりが強い人は、
VAIO Pro 13 mk2がいいと思います。

⇒ VAIO Pro 13 mk2 オンラインショップ

 

-関連リンク

Lenovo Y50 GeForce GTX 960M搭載モデルがこの価格!

ThinkPadファンからするとdynabookのキーボードは致命的

ThinkPadのキーボード、打ち心地が良い理由

ThinkPad X1 Carbon 2015の総合評価