Thinkpad E450の気になる話

Thinkpadを10年使い続ける男が気になる新モデルのレビューなどを書いてみる。ThinkPad E460やX1シリーズの価格情報、デザインの話、他メーカーとの比較。

ThinkPad E460のおすすめモデルは?

発売されたばかりのThinkPad E460

まずは直販モデルの中でおすすめのカスタマイズを書いてみます。

f:id:akvs99:20151130105737j:plain

 

E450では安いCeleronモデルがありましたが、

E460からは最低でもCore i3です。

なので予算5万円以内という人にはちょっと厳しいですが、

Core i3の第6世代は1つ前のCore i5相当なのでこれを機に

6、7万円台へステップアップしてもいいかなと思います。

 

Core i3-6100U、メモリ4GB、HDD500GBで64,800円

これにweb限定クーポンを適用すると59,616円(税込、送料無料)

5万円台で最新のCPU搭載モデルが手に入ります。

なるべく安いのがいいという人におすすめなモデルです。


さらにハイスペックをお求めの人におすすめなのが

Core i5 + SSDという組み合わせ。

 

やはりSSDのスピードは魅力的です。

動画編集や3Dゲームなど大きな負荷をかける場合は

Core i7の方が安心ですが、それ以外は大抵Core i5SSDで事足ります。

 

実際ぼくが今使ってるのは第2世代のCore i5SSDです。

これでデジカメのRAW現像とかもバリバリこなせます。

なので第6世代のCore i5SSDであれば十分でしょう。


おれにCore i7が必要かな?

という人はおそらく必要ありません(笑)

本当に必要な人は、はっきり必要と認識できてるはずです。


Core i5 SSD192GB メモリ8GBにすると81,475円

ぼくがThinkPad E460を買うとしたらこの構成にすると思います。

メモリは4GBでも足りると思うのですが、やはりChromeはメモリを食いますし

RAW現像やらなんやらでまあ8GBあれば安心かなと。


さらにディスプレイにこだわりたい人は、

Full HD搭載バリューパッケージがおすすめ。

Core i5 SSD192GB メモリ8GBにフルHD(1920×1080)+IPS

グラフィックスはAMD Radeon R7 M360にして92,081円

1つ上で紹介した構成よりも+1万円で

グラフィックスと液晶の性能が格段にアップします。

きれいな画面で映画を見たい人とかにおすすめな構成です。


さらに+1.2万出せば、Core i7を搭載できます。

動画編集や3Dゲームなど負荷のかかる作業が多い人には

ハイパフォーマンスパッケージがおすすめです。


1.エントリーパッケージ 
Core i3-6100Uで5万円台後半。一番安いモデル

2.Core i5 + SSD + メモリ8GB
個人的におすすめ。8万円台。

3.Core i5 + SSD + メモリ8GB + FHD,IPS + Radeon R7
さらに画面の美しさにこだわりたい人向け。9万台

4.ハイパフォーマンスパッケージ
Core i7 + SSD + メモリ8GB + FHD,IPS + Radeon R7
10万円台。E460で最も高性能な構成の1つ。

 

以上4つの中で予算と用途に合わせて選ぶと良いでしょう。


ThinkPadを買うときはEクーポンも忘れずに。

直販ページとは別にweb限定クーポンが出ており、

これを使った方が安くなる場合があります。

⇒ 割引率アップの限定Eクーポンコード

 

Eクーポンの使い方は

ThinkPad、Eクーポンの利用の仕方

を参考にしてください。

 

 

-関連リンク

ThinkPad E460とE450の違い 良いところ、悪いところ

Lenovo不信・・なのにThinkPadをまた買う理由

ThinkPad X220 X240 X250 E450・・気になるあの長さを実測

チャートを見てトレードをする人はGPU性能に注意