読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Thinkpad E450の気になる話

Thinkpadを10年使い続ける男が気になる新モデルのレビューなどを書いてみる。ThinkPad E460やX1シリーズの価格情報、デザインの話、他メーカーとの比較。

  • ThinkPad E460のおすすめモデルは?
  •  

  • ぼくがXシリーズを捨てThinkPad E460を買った理由
  •  

  • ぼくのThinkPad遍歴
  •  

     

    ThinkCentre M900 TinyがThinkPad一筋だったぼくの固定概念を揺るがす!

    ごく最近なのですが、ThinkCentreのTinyと
    言われる小さいデスクトップ型PCの存在を知りました。

     

    f:id:akvs99:20151219211623j:plain

    M900 Tinyです。


    これが本当に小さい!

    そして軽い!

     

    ちょっと厚めのハードカバーの本を持ってるような感じです。

    重さは1.32kgです。

     

    ぼくが持ってるノートパソコンよりも軽いですw

    まあデスクトップが軽くてもあまり意味がないんですが、

    それでもこのサイズのデスクトップがあること自体、

    ぼくにとっては驚きだったんですよね~

     

    f:id:akvs99:20151219211708j:plain


    これなら机の上に置いても場所をとらないです。


    これにトラックポイントキーボードをつけたところを想像してみてくださいよ。

    f:id:akvs99:20151001113239j:plain


    適当なディスプレイとトラックポイントキーボードと、

    このM900 Tinyの組み合わせ。

    なんか良くないっすか?w


    ということで、もう少し詳しくレビューを書いてみたいと思います。


    M900 Tinyのスペックは

    そこらのハイスペックなノートPCを蹴散らすくらいのレベルです。

     

    CPUは第6世代(skylake)。

    Core i5-6400T、Core i5-6500T、Core i5-6600TとCore i7-6700Tを搭載可能です。

    この末尾がTのCPUはデスクトップの中では

    最も省電力タイプでパワーは低いのですが、

    それでも今のノートパソコンの主流の末尾UのCPUよりもパワフルなことは確かです。


    参考までにPassMarkのベンチマークスコアは

    Core i7-6700T  9148
    Core i5-6600T  7207
    Core i5-6500T  7042
    Core i5-6400T  5641
    Core i7-6500U  4313
    Core i5-6200U  3913

    となっています。

     

    6700Tなら頭1つ抜けてますし、ゲーム用のノートでよく使用される
    Core i7-6700HQよりも高性能です。

    一番安い6400TでもCore i7-6500Uの性能の130%です。
    十分なパフォーマンスを発揮してくれるでしょう。


    価格はCore i5-6400T 128GB SSDにメモリ8GBで97,308円(税込み、送料込み)

    これにトラックポイントキーボードがあれば、

    たちまち超ハイスペックなThinkPadの出来上がりです(笑)

     

    ThinkPadのキーボードさえ別に用意すれば、

    ぼくにとってそれはほぼThinkpadなわけです。

    しかもこのM900 Tinyはノートパソコンと同じくらいのスペースがあればOK。

     

    トラックポイントキーボードは有線タイプなら

    6千円出せば買えます。

    ディスプレイに1.7万出したとしても全部で12万円です。


    ThinkPad E460でCore i7-6500Uにメモリ8GBで105,322円ですからね~

    性能と価格の比率で言えば、M900 Tinyの方に軍配を上げたい気分です。

     

    デスクトップなのでポートのカスタマイズもかなり充実しています。

    VGAHDMIなどの選択肢は当然用意されています。

     

    さらにハイスペックを望む人のために、
    Core i7-6700Tにメモリ8GB、ストレージはHDD500GB + M.2 SSD128GB

    という構成にしてもキーボードなし、ディスプレイなしで13万円台です。


    サイズは34.5x182x179mm

    繰り返しますが、重さは1.32kg

     

    ゲームとかをしたい人にもこのM900 Tinyはかなり魅力的じゃないでしょうか。

    2.5kgあるゲーミングノート、Core i7-6700HQに13万払うのと

    Core i7 6700Tの小さいデスクトップに同じだけ払うのどちらがいいか?と

    考えれば、個人的にはM900 Tinyの方がいいんじゃないかと思ったり。

     

    もちろん、持ち歩きはできませんが、

    家のメインPCとしてこれがあれば、あとは安いタブレット1つあれば

    どんなにパソコン使う人でも満足できそうですね。

     

    ぼくにとってはとにかくTinyとトラックポイントキーボードの組み合わせ。

    これ、いつかは実現させたいなあと思いました。

     

    ⇒ ThinkCentre M900 Tiny送料無料