読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Thinkpad E450の気になる話

Thinkpadを10年使い続ける男が気になる新モデルのレビューなどを書いてみる。ThinkPad E460やX1シリーズの価格情報、デザインの話、他メーカーとの比較。

  • ThinkPad E460のおすすめモデルは?
  •  

  • ぼくがXシリーズを捨てThinkPad E460を買った理由
  •  

  • ぼくのThinkPad遍歴
  •  

     

    Lenovo Yoga310はまだ買うな

    LenovoのYoga 310は2016年の秋に出たばかりで、量販店限定のモデル。

    f:id:akvs99:20161120224409j:plain

    アマゾンで販売されています。

     

    でもこれを書いている時点ではまだ安くなっていないので、まだ買うなと助言したいですね。

     

    もう1か月ぐらいでもっと値下がりするはずです。

    もし値下がりしなかったら、ThinkPad 13なんかどうですか?

    ちょっと比べてみましょう。


    Yoga310は変形の2in1なのでタブレットにもなりますが、ThinkPad 13は普通のノートパソコンです。そこが大きく違いますが、基本的なスペックは似ています。

    f:id:akvs99:20161120224508j:plain

    どちらもCPUはセレロンで、ストレージにSSDを搭載できます。


    Yoga 310は11.6型とコンパクトですが1.35kgなのでタブレットとしては微妙に重いです。そしてバッテリーの持続時間も短めです。


    ただ、LANポートとSDカードリーダーが付いているのはThinkPad 13にない長所です。

     

    問題は価格。

    ぼくのみたところ、ThinkPad 13と同等くらい、あっても6万円台かなという気がします。

     

    アマゾンでそれぐらいの価格に値下がりしてくれば、お買い得感はあるでしょう。

    ちなみに今だとこの価格です。
    ⇒ Lenovo YOGA 310 80U20003JP

     


    値下がりしないならThinkPad 13も悪くないと思います。

    f:id:akvs99:20161120224609j:plain


    どうせ、タブレットモードなんてそんなに使用しませんよ。
    それならキーボードがしっかり作ってあるThinkPadの方がいいと思います。

    ⇒ ThinkPad 13のスペック詳細へ

     

    マウスコンピューターLB-J520X2-SSD5のレビュー、バランスの良いモバイルノート

    マウスコンピューターよりLuvBook JF シリーズをレビュー機として貸し出してもらったので、その感想を書いてみたいと思います。


    LuvBook JFシリーズは13.3型で1.4kgのモバイルノートです。

    Core i5 + SSDというミドルスペックが8万円台とかなりお買い得な価格で販売されています。

    f:id:akvs99:20161031222208j:plain

    レビュー機はモデル名:LB-J520X2-SSD5 ストレージに480GBのSSDを搭載したモデルです。以下ではその詳細を見ていくことにします。

     

     その前に一応に断っておきますが、製品仕様、販売価格については、この記事を書いてる10月31日時点のものです。今後変更になる可能性があるので注意してください。

     

     

    1.主なスペック

    OS: Windows 10 Home 64bit
    CPU: インテル Core i5-5200U
    メモリ: 8GB
    ストレージ: SSD 480GB
    グラフィックス: インテル HD 5500
    ディスプレイ: 13.3インチ、FHD(1920×1080)、光沢なし
    サイズ、重さ: 326 x 231 x 23.6mm 1.4kg

    CPUはCore i5-5200Uで第5世代のプロセッサーです。
    ちょうどこの秋は各メーカーから第7世代のCPUを搭載したマシンが発売されつつあります。そうなると2世代の差となってしまうので、「型落ち」感は否めません。

     

    ※LuvBook JFシリーズは第5世代が現行モデルなので、同機種の中では最新となります。あくまで他社の第7世代PCと比較して「型落ち」という意味です。

     

    f:id:akvs99:20161031223248j:plain

    ただその分、お値段も安くなっていますし、2世代前といってもCore i5の実力は折り紙付きです。

    ちょうどぼくが今メインで使っているパソコンがCore i5の第6世代です。第5と第6世代で性能差は10~15%ぐらいですから、そこまで気にする差ではありません。むしろ最新モデルではなく、あえて古いモデルを安く狙っていきたいという感じです。


    Core i5ならネットや動画鑑賞、ワード、エクセルなど基本的な作業はもちろん問題なし。やや負荷の高い、写真のRAWデータ編集も大丈夫です。4~5万円で買えるCPU=セレロンなノートパソコンだとさすがにRAW現像までは無理ですので、ミドルスペックなこのLuvBook JFシリーズを選ぶ意味は大きいと思います。

     

    2.SSDベンチマーク

    レビュー機のSSDの容量は480GBです。
    このLuvBook JFシリーズにはSSD240GBのタイプも売られていますが、480GBとの価格差が2千円しかありません。

     

    つまり+2千円で240⇒480に容量をアップできるので、かなりお得です。SSDは空き容量が大きいほど転送速度が速くなるという性質があるので、SSDを480GBにしておくのは容量とスピード、両方の面でおすすめです。


    SSDの型番はADATA SP550でした。

    アマゾンでも売られているSSDで、その安さと安定性で星4.6を獲得している人気のSSDです。(すべてのJFシリーズにADATA SP550が内蔵されているとは限りません)


    ベンチマークソフトを使って転送速度を計測してみました。

    f:id:akvs99:20161031222430j:plain

    シーケンシャルリード、ライト共にまずまず良い数値です。4KランダムアクセスもSATASSDとしては平均レベルをキープしています。


    ちなみに同じADATA SP550でも容量が128GBになると、こうなります。

    f:id:akvs99:20160820153805j:plain

    最初の結果(480GB)に比べ、4KQ32T1の速度がかなり遅いことがわかります。

    繰り返しになりますが、SSDは480GBにしておきましょう。


    SSDの恩恵はWindowsの起動時間でもよくわかります。電源ボタンを押してから壁紙が表示されるまで平均で約16秒でした。HDDの平均レベルよりも約25秒は速く起動できており、SSDの快適さを実感できます。

     

    3.キーボード、タッチパッド

    キーボードはまずまず好印象です。

    f:id:akvs99:20161031222626j:plain


    キーピッチは18mm、キーストローク1.8mmあります。

    ぼくが重視しているキーの深さは合格レベルですね。モバイルノートでこれぐらいのキーボードなら、ビジネスユースにも耐えられるはずです。

     

    ただ個人的な好みを言われせてもらうと、もう少しキーにクリック感があってもいいかなという気がします。

     

    f:id:akvs99:20161031222701j:plain

    タッチパッドにクリックボタン(物理ボタン)が付いているのはいいですね。

    f:id:akvs99:20161031222736j:plain

    左利き用にカスタマイズもできるようでした。


    タッチパッドは滑りがよく、とても使いやすいです。パームレスト部分はプラスチック感はなく、どちらかと言うとメタリック。指紋も付きづらい素材でした。


    1つ気になったのは、タッチパッドの2本指スクロールがうまく反応してくれない場合があったことです。

     

    そもそもぼくがタッチパッドに慣れていないせいもあるのですが、どうもスクロールの判定が厳しく、タッチパッドに対し指を斜めに動かしてしまうとスクロールになってくれないんですよね。

     

    ぼくの場合、タッチパッドを触るときは、手首を固定して指で弧を描くような動きをします。そのため、どうしても斜めの動きになってしまうことが多いんです。

     

    普段はThinkPadの赤ポチをいじっているので、この辺はうまくレビューできないのですが、人間工学的な観点からも、改善の余地があるのではないかと思います。

     

    4.動画鑑賞とゲーム

    youtubeで動画を観たときのCPU使用率はこんな感じ。

    f:id:akvs99:20161031222832j:plain

    CPU使用率は概ね10%前後です。ファンが回ることもなく静かです。Core i5であればこの程度は朝飯前といったところですね。ブラウザ上のゲームも問題なくプレイできました。


    しかしダウンロードして遊ぶドラクエ10(一応軽いゲームの部類)だと、ややもたつきが出てきます。

    f:id:akvs99:20161031222918j:plain


    ベンチマークのスコアは4310
    評価も「普通」です。

    LuvBookのLB-J520X2-SSD5で、グラフィック性能が問われるゲームを快適にプレイするのはちょっと難しいでしょう。

     

    5.液晶ディスプレイ、インターフェースなど

    ディスプレイは1920×1080の解像度。光沢なしの液晶です。

    f:id:akvs99:20161031222954j:plain

    写り込みが少なく、視野角も広いです。

     

    インターフェースは充実しており、有線のLANポートやフルサイズのSDカードリーダーが装備されいます。

    f:id:akvs99:20161031223027j:plain

    USBポートは全部で3つ。HDMIVGA端子も用意されています。

     

    6.どんな人におすすめか?

    今回紹介したLuvBook JFシリーズ、LB-J520X2-SSD5は税込みで89,424円

    Core i5に大容量SSDを内蔵したPCとしてはかなりのコスパを誇ります。Core i7のハイスペックモデルよりも少し価格を抑えて買いたいという人にはちょうどいいのではないでしょうか。

    f:id:akvs99:20161031223433j:plain

    日本の大手メーカーだとCore i7のハイスペックモデルにだけSSDがオプションとして付いてきて、結果SSDにしようと思ったら12、13万くらいは覚悟しないといけないところです。

     

    それがLuvBook JFシリーズだと8万円台です。そしてあまり知られていませんが、マウスコンピューターは日本のメーカーです。

     

    ちなみにぼくが今メインで使用しているのは中華製のThinkPad E460ですが、これもCore i5 + SSD192GBで8万円台でした。ただしThinkPad E460は1.8kgと重さがあるのであまり持ち運びはできません。

     

    一方LuvBook JFシリーズは1.4kgですから、持ち運びも楽です。バッテリー持続時間は公称で5.6時間(JEITA2.0)。少し短いですが、バッテリーは取り外しできるタイプなので消耗してきたら交換することが可能です。

    f:id:akvs99:20161031223131j:plain

     

    ◎国産メーカー、ミドルスペック、コスパ良し

     

    あなたが探しているノートパソコンの条件にこの3つが合致するなら、マウスコンピューターのLuvBook LB-J520X2-SSD5をおすすめします。

    ⇒ マウスコンピューターLuvBook JFシリーズ スペック詳細はこちらから

     

    ThinkPad E470の最速情報、スペックと日本発売の価格予想

    前回そろそろかなと言ってた第7世代CPUを搭載したThinkPadの発売。

    まずは日本より先にオーストラリアで発売されています。

    f:id:akvs99:20161005192828j:plain

    ThinkPad E470です。
    (同じEシリーズのE570も近日中に発売されると思います)

     

    11月25日より販売開始です!

    ⇒ ThinkPad E470のスペック詳細

     

    すでにご存知だと思いますが、おさらいしておきましょう。

    ・EシリーズはThinkPadの中では廉価版。
    ・一番安いのだと4万円台から買える。
    ・E400番台が14型のノート。E500番台が15.6型のノート。
    ・前者の方が軽いが、後者にはDVDドライブ付き。


    E470のスペック

    CPU: 第7世代(kabylake) Core i3~i7
    メモリ:4GB、最大16GB
    ストレージ: HDD 500GB、1TB、 SSD 256GB
    ディスプレイ:HD、FHD
    グラフィックス: Intel HD、NVIDIA GeForce 940MX
    ポート:USB 3.0×2 USB 2.0×1
    SDカードリーダー、HDMIイーサネット(RJ45)

    f:id:akvs99:20161005192902j:plain

    Lenovoの発表によると重さ1.9kgとなってますが、1.8kgの可能性があります。

    現行モデルのE460とそんなに大きな違いはありません。


    E460との比較

     

    1.CPUと内部GPUが最新に

    これはまあ当然です。最新の第7世代プロセッサーは第6世代に比べ、15~20%の性能アップが見込まれています。

     

    2.SSDは256GB

    廉価版のEシリーズですが、ちゃんとSSDの選択肢はあります。E450のときはSSDの容量は128GBしかなく、E460になってはじめて192GBにアップ、途中から256GBへとさらに拡大されました。今回のE470では最初から256GBのSSDが選べるようです。

     

    3.NVIDIA GeForce 940MX

    オプションとして外部GPUであるNVIDIA GeForce 940MXを選択できるようになるようです。ただこれもゲーム用のGPUとしてはまだ物足りないレベルなので、軽めのゲームを楽しむ用のオプションとして考えておいた方が良さそうです。

     

    価格予想

    Core i3-7100U メモリ4GB HDD500GBという一番安いモデルが6.8~7.2万ぐらいと予想します。

    例によってクーポンでもっと安く買えるかもしれません。

     

    E470待つか、いまのE460を買うかでそこまで損得の差は出ないと思います。もちろん性能は少しアップしますが、その分お値段も少しアップするでしょう。

     

     

    ⇒ ThinkPad E470のスペック詳細