Thinkpad E450の気になる話

Thinkpadを10年使い続ける男が気になる新モデルのレビューなどを書いてみる。ThinkPad E460やX1シリーズの価格情報、デザインの話、他メーカーとの比較。

  • ThinkPad E460のおすすめモデルは?
  •  

  • ぼくがXシリーズを捨てThinkPad E460を買った理由
  •  

  • ぼくのThinkPad遍歴
  •  

     

    ThinkPad T470s、14型軽量、SDカードスロット付で選ぶならこれ。

    ThinkPad T470sが発売され、これで2017年のThinkPad

    ・X1 Carbon
    ・X270
    ・T470s

    と3機種が出揃ったことになります。

     

    f:id:akvs99:20170215212353j:plain

    その中のT470sの印象ですが、正直に言うと去年T460sが出たときほどのインパクトはないです。

    なぜなら基本的なデザインはT460sとほぼ同じだからです。

    T460sはそれまでのTシリーズのイメージを一変させました。1.32kgの軽さと、性能の良さ、そして豊富なインターフェイス。それらはすべて今回のT470sにも受け継がれています。

    言うなれば、T460sの貯金のおかげでT470sも高評価を受けているという見方もできます。

    ちなみに2016年の数あるビジネスノートPCの中でベスト1(ぼくの中での)はT460sです。

     
    スペック概要

    ・CPU:第7世代Intel Core iシリーズ(最高Core i7-6600U)
    ・メモリ:8GB(最大24GB)
    ・グラフィックス:Intel HD 620
    ・ストレージ:SSD 256GB(最大1TB) PCIe
    ・ディスプレイ:14型 FHD(1920×1080)、WQHD(2560×1440)
    光学ドライブ:なし
    インターフェイスUSB3.1タイプC x1、USB3.0 x3、HDMI、LANポート、SDカードスロット
    ・サイズ、重さ:約 331x226.8x16.9-18.8mm、1.32kg
    LTE対応:あり


    T470sは14型のハイスペックノートPC。同じ14型のE470とは、軽さとSSDの性能、そして筐体の剛性などで差があります。ただし価格もE470の2倍くらいします。

    先代のT460sとの違いですが、まず外部GPUを選択できなくなりました。T460sではグラフィックスをNVIDIAGeForce 930Mを選択できましたが、今回のT470sはIntel HD 620の一択です。

    しかしこれは大きな問題にならないでしょう。なぜなら、第7世代Kabylakeの内蔵GPUはそれ自体けっこう優秀だからです。外部GPUに頼らなくても、描画系の処理はそこそここなせるはずなので、軽めのゲームとかなら問題ないと思います。

    もう1つの違いは、LTE対応モデルが出たという点です。これはうれしいサプライズでした。

    LTEはX270やX1 Carbonでも対応可能です。この中で、一番LTEモデルと相性が良いのはX270だと思います。

    T460sは、モバイル性という意味ではこの3機種の中では中途半端な立ち位置です。重さは2番目、コンパクトさは3番目なので、モバイル重視で選ぶ機種ではないのです。

    そのため、LTE対応で「やった!これでどこに居てもネットにつながる」というメリットを享受するのに最適だとは言えないです。

     


    X270、X1 Carbonとの比較

    X270やX1 Carbonに比べ、コスパはどうか調べてみました。

     

    (1)Core i5フルHD、SSD256GB

    X270: 135,486円
    T470s: 142,204円
    X1 Carbon: 150,930円

     

    Core i5モデルなら、X270、T470s、X1 Carbonの順です。T470sは割引率が他の2つより低く、去年のT460sのときより少し高めの金額設定ですね。

     

    (2)Core i7-6600U、フルHD、SSD256GB

    X270: 161,460円
    T470s: 176,299円
    X1 Carbon:175,500円

     

    Core i7にするとX1 Carbonよりも高くなってしまいました。と言っても、最高と最安の差は微差です。

    逆に言うと、Core i7のハイスペックモデルにするなら、X1 Carbonがコスパ良しってことです。

     

    全体としては、コスパ重視ならX270。
    12.5型が嫌でなければ、王道のXシリーズで問題ないと思います。

     

    X1 CarbonはSDカードスロットが付いていません(micro-SDのみ)。それを許容できるなら、少々高くても1.13kgの軽さと薄さは魅力的でしょう。

     

    2016年の調査ではキーの打鍵感が一番良かったのがT460sでした。Tシリーズファンとしては今回もその特性が引き継がれていることを願います。

    14型で、SDカードスロット、有線LANを有しているのはT470sとE470のみです。

     

    価格は時期によって変動しますので、あくまで現時点での参考意見として考えてもらえると幸いです。

     Thinkpad3機種で比較すると、T470sの存在感は若干薄れますが、それでも絶対的な性能、コスパでは上位にランクインするビジネスノートであることは間違いありません。

     

    購入の際は、割引クーポンも忘れずに。

    ⇒ 割引率アップのクーポン

    リンク先を少し下にスクロールすると「ADONLINE・・・」で始まるweb限定クーポンが見つかります。

     

    ThinkPad X270がLTE対応だし、いきなり35%オフだし、いろいろ美味しい件

    新発売のThinkPad X270、LTE対応モデルが出ていますね。

    f:id:akvs99:20170211183324j:plain

    X1 Carbonの方はなぜか対応が少し遅れるみたいです。

     

    しかもいきなり35%オフの価格。

    まあLenovoは定価を高めに設定しておいて30%オフとか35%オフとかで安く見せて買わせる「せこい手」を使うので有名ですが、それでも


    Core i5-7200U
    ・メモリ8GB
    フルHD
    ・SSD256GB(PCIe)
    ・1.32kg


    というスペックで13万円台はコスパが高いと思います。

     

    f:id:akvs99:20170211183428j:plain

    そしてLTEモデルにして、キーボードはバックライト付きにすると

    147,420円(税込、送料込)

    となります。

     

    SIMを挿せばどこでもネットにつながる利便性を手に入れれば、さらにX270のコンパクトさが活きるはずです。

     

    X1 Carbonは軽いけど14型でちょっと場所をとりますからね。

     

    X270とX1 Carbon、どちらかで悩む人もいるかと思いますが、LTEモデルを選ぶなら、個人的にはX270の方をおすすめします。


    あれ?35%オフとかやってないぞ?

    という人はLenovoのこちらのページへ

    ⇒ 割引率アップのクーポンコード

    リンク先の「ADONLINE..」で始まるクーポンコードです。

     

    ThinkPad X1 Carbon(2017)はLTEモデル対応!? 2016年版との比較

    いよいよ2月10日から新しいThinkPad X1 Carbonが販売開始です。

    f:id:akvs99:20170208201707j:plain

    新しいThinkPad X1 Carbonは待望のLTEモデルがあるとのことです。


    去年のX1 TabletではLTEモデルのある/なしを巡って情報が錯綜しましたから、まだ100%確信はできませんが、けっこう信憑性は高いみたいです。

     

    公式サイトにもそう書いてあります。
    ⇒ ThinkPad X1 Carbon 2017のスペック詳細

     

    しかしX1 Carbonの製品仕様書にはSIMスロットが「なし」になってまして、それがちょっと不安な点です。

     

    もしかしたらLTEモデルはもうちょっと待ってねというパターンかもしれませんね。

     

    LTEモデルなら、wifiが飛んでいない場所でもSIMを挿せばネットに接続できるわけですから、とても便利です。ぜひ早めに販売してほしいものです。

     

    X1 Carbonは1.13kgの軽量で14型の広いディスプレイが特徴です。
    液晶ディスプレイのフレームを狭くしてさらにコンパクトになりました。

    そしてバッテリー駆動時間も大幅に伸びています。

    f:id:akvs99:20170208201858j:plain


    上の表は2016年版のX1 Carbonとの比較です。
    Thunderbolt 3対応によりさらに高速なデータ通信が可能になります。

    一方で、X1 Carbonの唯一のネックであるSDカードスロットはmicro-SDのみ。フルサイズには未対応でした。