Thinkpad E450の気になる話

Thinkpadを10年使い続ける男が気になる新モデルのレビューなどを書いてみる。ThinkPad E460やX1シリーズの価格情報、デザインの話、他メーカーとの比較。

ThinkPad X260のSSDはサムスンのTLCタイプ

ぼくの記憶が確かなら、2015年の夏以降だと思います。ThinkPadSSDが急激に安くなったのは。

 

過去にとったThinkPad E450のカスタマイズ画面のキャプチャがあるのでそれを見てください。

f:id:akvs99:20160323200818j:plain

128GBのSSD16,200円します。

 

今は同じ128GBのSSD4,320円です。

f:id:akvs99:20160323200904j:plain

これは現在のThinkPad X260のカスタマイズ画面です。

いくらSSD全般の価格が値下がりしているからと言っても、これはちょっと不自然です。おそらく、今のSSDサムスンの廉価版でTLCである可能性が高いです。(まあ値段からも推測できるかと思いますが)

※いま出回ってるSSDMLCTLCの2タイプが主流。
TLCタイプのSSDは安価だが、耐久性やスピードがMLCよりも下。


ぼくが買ったThinkPad E460のSSD192GBもサムスンSSDでした。

f:id:akvs99:20160323201111j:plain

Samsung CM871シリーズ MZ7LF192HCGS 

 

このSSDベンチマークをとるとこんな感じ。

f:id:akvs99:20160323201039j:plain


まずシーケンシャルライトがかなり遅いことがわかります。
また4K(ランダムアクセス)も平均的なSATA3より遅いです。

今はTLCでもMLCと遜色ないくらい高速なSSDがいくつもありますが、残念ながらThinkPadに初期搭載されているSSDはそうではないようです。


数字的には劣っているのですが、体感的なスピードでそこまで劣ってる感じはありません。実際に使っていて明確に遅さを感じることはないのです。
HDDに比べると快適であることは間違いないですし、4年前に買ったSamsung SSD 830シリーズ(こちらはMLC)に比べても体感的に劣ってる点はありません。

 

しかしこうやってベンチマークとして数値化されて平均的なSSDとの差を見せられると、正直良い気がしませんね。

X260など多くのThinkPadでこの廉価版SSDは使われています。

 

ぼくのカンでは、これは冒頭に述べた2015年の急激なSSD価格の値下げのタイミングで導入されたとみています。

 

さて、このサムスンの廉価SSDでも大きな不満はないのですが、
中にはそれでは満足できないという人もいることでしょう。

 

そういう人は、

1.Lenovo直販では買うときはHDDモデルやSSDの最小容量モデルにしておき、後からアマゾンでSSDを買って自分で換装。

2.NVMe SSDモデルにアップグレードする(可能なら)

3.TLCでも大容量のSSDなら書き込み速度がそんなに落ちないらしいのでLenovo直販で512GBのSSDを買う

の3つの選択肢で好きなのを選ぶといいと思います。

もちろん性能に見合った出費も覚悟しないといけません。

 

ちなみにあのSurface Pro4やSurfaceBookのSSD(128GBモデル)もThinkPadと同様にシーケンシャルライトが非常に遅いみたいです。少し性能が落ちるSSDを使ってるのはどこのメーカーも同じみたいですね。

 

 

-関連リンク

ThinkPad E460、ファイナルファンタジーXIVも普通にプレイ可能

PCIe接続のSSDを搭載したノートパソコンを買うときの注意点

ThinkPad E450に搭載されているSSDのメーカーは?

ThinkPad X250、Core i5 + SSDが8万円台