Thinkpad E450の気になる話

Thinkpadを10年使い続ける男が気になる新モデルのレビューなどを書いてみる。ThinkPad E460やX1シリーズの価格情報、デザインの話、他メーカーとの比較。

  • ThinkPad E460のおすすめモデルは?
  •  

  • ぼくがXシリーズを捨てThinkPad E460を買った理由
  •  

  • ぼくのThinkPad遍歴
  •  

     

    PCIe接続のSSDを搭載したノートパソコンを買うときの注意点

    2015年くらいからPCIe接続のM.2 SSDが搭載された

    ノートPCを目にする機会が増えました。

    f:id:akvs99:20160228194046j:plain

    このPCIe接続は従来のSATA接続の理論上の最高転送速度

    600MB/sを超えるスピードが実現可能です。

     

    これまでぼくの認識は「HDDかSSDか」でしたが、

    これからはSSDSSDでもSATAかPCIeか

    その違いを知っておく時代になったということですね。

     

    そんなPCIe接続でもPCIe 2.0かPCIe 3.0かで

    全然速度が違うということに注意しないといけません。

    またレーン数によっても速度が変わります。

    レーンはデータの通り道みたいなもので、数が大きいほど高速になります。

    PCIe 2.0 x4 みたいな表記のされ方をしますが、

    これは規格PCIe 2.0でレーン数が4ということを意味しています。

    つまりPCIeうんぬんって、SSDの接続の種類の話です。

     

    もしPCIe接続の高速SSDを搭載したノートパソコンを買おうとしたとき、

    そのPCIeの規格が何なのか、レーン数はいくつあるのか、

    知りたいと思うのは当然でしょう。

    しかしメーカーの直販ページを見ても、

    なかなかそこまで詳しく書かれていないことが多いので困ります。

     

    例えばmouseから発売されているLuvBook JFシリーズ。

    f:id:akvs99:20160228194105j:plain


    13.3型のモバイルノートですが、

    これにカスタマイズでM.2のSSDが搭載できるって知ってました?

     

    えっと、まずはトップページからLuvBook JFシリーズ一覧のページに行きます。

    ⇒ マウスコンピューター/TOP

     

    そうするとこんな画面に。

    f:id:akvs99:20160228194218j:plain


    一番上のLB-J520Bのカスタマイズへ進みます。

    f:id:akvs99:20160228194241j:plain


    そうするとSSDの選択画面に

    256GB SAMSUNG SM951 M.2 SSDPCI Express x2接続)が出てきます。

     

    これだけだとPCIe 2.0なのか3.0なのかわかりにくいですが、

    ちょっと調べると2.0だということがわかります。

    そしてPCIe2.0 x2接続だと理論上の最高転送速度は1000MB/s

    実測で800MB/s程度にとどまることもわかります。

    実際にベンチマークを公開しているサイトも見つけることができました。

    通常のSATA接続が実測で500MB/sくらいなので、

    このPCIe SSDが高速だと言っても驚くほどではありません。

     

    「PCIe SSD」で検索して出てくるサイトでのベンチマークテストでは

    2000MB/sクラスの速度を叩き出しているのをよく見かけますが、

    今回のLuvBookのSSDはそのレベルには全く達していないのです。

     

    誤解されないように言っておきますが、

    ここではLuvBookの悪口を言いたいわけではありません。

    実際LuvBookのJFシリーズは1.4kgの軽さ、

    このハイスペックで価格もそこそこ安く、かなりコスパの良い一台だと思います。

     

    本記事で強調したいのは、

    このLuvBookを買うときそこまで調べないと

    一体どのくらい速いSSDなのか、素人では判断できないという点です。

     

    「PCIe」とか「M.2」とか見たことあるな~

    速いんでしょ?

    というような漠然とした印象だけで手を出すのは

    少し危険ということを認識しておきましょう。

     

    ちなみに最近発売されたThinkPad T460s

    PCIe接続のSSDを搭載できます。

    f:id:akvs99:20160219112215j:plain

    こちらはPCIe 3.0 x4

    これならシーケンシャルリードで2000MB/sクラスの転送速度です。

    ガチで速いという噂のSamsungのSM951を搭載しています。

     

    ThinkPad T460sはちょうどPC本体の重さも前述のLuvBookと同じくらい。

    CPUはCore i5-6200U、FHDのディスプレイにメモリ8GBでSSDは256GBのPCIe-NVMというスペックにして価格は13万円台です。

    ⇒ ThinkPad T460s スペック一覧

     


    ◆まとめ

    今後、SSDの接続規格に関して、
    もっとわかりやすい表記が求められるべきだと思います。
    ぼくもまだ勉強中です(汗)

     

     

    -関連リンク

    ThinkPad X1 Carbon X1 Tablet T460sなど価格チェック

    ThinkPad X1 Yogaが17万円から。NVMeのSSDが安い!?

    mouseのCMでやってるノートパソコン39,800円

    ThinkPad E460のSSDの性能は?