Thinkpad E450の気になる話

Thinkpadを10年使い続ける男が気になる新モデルのレビューなどを書いてみる。ThinkPad E460やX1シリーズの価格情報、デザインの話、他メーカーとの比較。

【2016年ノートパソコン市場】Core i5 + SSDの最安値を調べてみた。

個人的にCore i5 + SSDという組み合わせが好きなので、

よくこのブログでおすすめしています。

 

Core i7 + HDDよりもCore i5 + SSDの方がサクサク動く

という声をよく聞きますし、コスパ面でも優れていると思うからです。


ということで、今日は2016年1月現在、ネットで買える

ノートパソコン(新品)でCore i5 + SSDというスペックの最安値を調べてみます。

 

「調べると言ってもこういうのは価格.comの条件検索で一発でしょ?」

と思われるかもしれません。

しかし価格.comの検索結果にThinkPadの価格は正確に反映されないのです。

それはThinkPadのカスタマイズの自由度の高さが原因です。

もしかしたら他のメーカーのパソコン価格も不正確かもしれません。

 

ということで面倒ではありますが、

1つ1つメーカーの直販サイトを回って調べてみましたよ。

SSD搭載のノートパソコンが以前よりも一般的になってきましたが、

それでもまだHDDが主流でSSDへカスタマイズできないメーカーも多いです。

またSSD搭載モデルも用意してあるけど、

それは最上位モデルでCore i7グラボも付けて

10万以上するやつだけという場合も多いです。

 

つまり、7~8万で買えるSSD搭載のノートパソコンが欲しい

っていうニーズに応えていないんですよ。


実際、安い方からランキングにしていくと、

見事にThinkPadが上位独占になりました。


1.ThinkPad E550 69,498円(税込 送料込)
  Core i5-5200U SSD128GB メモリ4GB 15.6型

2.ThinkPad X240 71,940円(税込 送料別)
  Core i5-4210U SSD128GB メモリ4GB 12.5型

3.ThinkPad E460 75,514円(税込 送料込)
  Core i5-6200U SSD192GB メモリ4GB 14.0型

 


最安値は意外にも1年前に発売されたThinkPad E550

f:id:akvs99:20160118193511j:plain

Lenovoの直販ページでバリューパッケージ(Core i5モデル)を選択し、

ストレージをHDDからSSDに変更するだけです。

本来なら14.0型のThinkPad E450のCore i5 + SSDモデルが最安値でしたが、

在庫切れのためE550が繰り上がりで1位です。

 

15.6型で2.45kgと重いPCですが、DVDドライブが付いているのが魅力です。

購入には10%オフクーポンを使用してください。
⇒ こちらから入手できます。


次に安いのはThinkPad X240(20AMA52KJP)

こちらは2013年10月の発売。

CPUが第4世代なので少しだけパフォーマンスは落ちるかもしれませんが、

それでも通常使いには何ら問題ないレベルです。


一番のウリは1.4kgの軽さ。これにSSDが付いて7万円台前半はヤバいです(笑)

⇒ ThinkPad X240は楽天で購入できます。


最後は、2015年の11月に出たばかりのThinkPad E460がランクイン。

f:id:akvs99:20160118194157j:plain

CPUは最新第6世代のCore i5-6200Uです。

これもLenovoの直販でバリューパッケージを選択し、

ストレージをHDDからSSDに変更するだけです。

 

当ブログを読んでる人はよくご存じだと思いますが、ぼくもこのE460を買いました。

購入には8%オフクーポンを使用してください。
⇒ こちらから入手できます。

 

さて、一応ぼくなりに各メーカーのオンラインショップや楽天、アマゾンなどで

調べましたが、もっとよく探せば上で挙げたものよりも

安いというものが他にもある可能性はあります。(期間限定のセールとか)

 

参考までにThinkPad以外を挙げておくと、

Aspire V3-371-N54Q/Kがあります。

これもCore i5で128GBのSSD搭載モデルで価格は販売店によって7~8万円。

ところがこれも今やどこを見ても売り切れのようです。

 

Core i5 SSDで7、8万円台はお得だし人気もあります。

しかしこの辺の価格帯と性能でNEC富士通東芝など日本のメーカーは

全然勝負できていません。

 

SSDは別で買ってくれってことなんですかね~

確かにその方が安いですが、パソコン初心者にとっては

最初からSSDが付いてる方がいいに決まってます。

 

日本のメーカーは必ずと言っていいほど、

オプションでMicrosoft Officeの有無を選択できるのに、

残念ながらSSDはそうではない。よく考えるとおかしな話です。


あ、最後に余計なお世話ですが、

最安値のThinkPad E550も後継機のE560が出たので

今後在庫が少なくなってくると予想されます。

ご注文はお早めに。

⇒ ThinkPad E550 スペック詳細