Thinkpad E450の気になる話

Thinkpadを10年使い続ける男が気になる新モデルのレビューなどを書いてみる。ThinkPad E460やX1シリーズの価格情報、デザインの話、他メーカーとの比較。

Lenovo ideapad MIIX 700のレビュー、X1 Tabletを尻目にそこそこ売れてるらしい

発注が遅れているThinkPad X1 Tablet。発売から2か月近く経とうかというのにまだ入手したという声を聞きません。しかも当初用意されていたCore m3モデルも今は選択できなくなっています。

 

そんなトラブル続きのX1 Tabletを尻目に同じスペックのideapad MIIX 700は売れ行き好調みたいですね。

f:id:akvs99:20160329183449j:plain

こちらはCore m3モデルが106,110円(25%オフクーポン適用)で買えます。

しかも3月28日現在で最短お届け予定日が3月31日となっています。つまりこっちならすぐ届けてくれるというわけです。

 

トラックポイントにこだわりがない人なんかは、いつになるかわからないX1 Tabletを諦めてideapad MIIX 700にしているのかもしれませんね。価格もこちらの方が安いですし。

 

【5月15日追記】

割引率がアップしました。詳しくはリンク先の記事を読んでください。

ideapad MIIX 700、期間限定クーポンで30~35%オフ - Thinkpad E450の気になる話

 


CPUのCore m3-6Y30、Core m5-6Y54はだいたいCore i3レベル。
m3の方がCore i3-4005U(第4世代)と同じくらい。
m5の方がCore i3-5005U(第5世代)とi3-6100U(第6世代)の中間くらいの性能です。

 

Core i7やi5に比べるとパワーはありませんので写真編集や動画編集などではちょっと重くなる可能性もありますが、それ以外の通常の作業には問題はないでしょう。

 

m3の性能を100とすると、m5は117。両者に大きな違いはないです。

ただm3を選択するとメモリは自動的に4GBになってしまうので、メモリ8GBがいいという人はm5を選択するしかありません。そしてm5を選択すると同時にSSDも256GBモデルになります。

 

個人的には、

1.Core m5
2.メモリ8GB
3.SSD256GB

という最強スペックがおすすめです。

 

特にSSDは容量が倍というだけでなく、処理速度にも効いてきますので256GBにしておいた方がいいでしょう。ちなみにX1 Tabletはさらに高速なPCIe接続のSSDを搭載可能なので、もっと速いマシンがいいという人はX1 Tabletの発注が通るようになるまでもう少し待つしかありません。

f:id:akvs99:20160329183655j:plain

ideapad MIIX 700のタブレット本体の重さは750g
ペンも付いてきます。キーボードも付いてきます。

 

上で述べた最強スペックで129,600円(税込、送料込)
一番安いモデルだと106,110円です。
Microsoft Officeが付いたモデルもあります。

 

直販ページでは15~17%オフの割引率ですが、
25%オフになる限定クーポンを使用して買いましょう。

 

⇒ 割引率アップの限定Eクーポンコード

リンク先を少し下にスクロールして【タブレット】の項目に行くと「LENOVO・・・」で始まるweb限定クーポンが見つかります。