読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Thinkpad E450の気になる話

Thinkpadを10年使い続ける男が気になる新モデルのレビューなどを書いてみる。ThinkPad E460やX1シリーズの価格情報、デザインの話、他メーカーとの比較。

  • ThinkPad E460のおすすめモデルは?
  •  

  • ぼくがXシリーズを捨てThinkPad E460を買った理由
  •  

  • ぼくのThinkPad遍歴
  •  

     

    ideapad100とideapad300、セレロンモデルの比較

    Lenovoideapadシリーズは2015~2016の冬に発売されたノートPCです。

    価格が安いということもあって、ライトユーザーに人気です。

    f:id:akvs99:20160403154032j:plain

    去年までThinkPad E450の安いモデルを買っていたユーザー層までもideapad 100やideapad 300へ流れていってるように感じます。2年前にヒットしたLenovo G50と同じ15.6型の大きめノートで、スペックも2年前とそんなに大きく変わってはいません。でも「新製品が安く売られている」ことこそがヒットの理由なんでしょう。パソコン初心者にとっては、それが買う理由になるのです。

     

    ということで今回はideapad100とideapad300の比較&レビューを行っておきます。

    型番で言うと、ideapad100は80QQ00BCJP(カラー:ブラック)、80QQ00B9JP(オフィス付)の2種類。ideapad300は、80M3005WJP(カラー:シルバー)、80M3005EJP(カラー:ブラック)、80M30015JP(オフィス付、シルバー)、80M30061JP(オフィス付、ブラック)の4種類です。

     

    ideapad100はLenovo直販にCPUがCeleronのモデルがありますが、ideapad300の方は、Lenovo直販にはCore i3のモデルしか置いてありません。でもアマゾンとか楽天とかにはideapad300のCeleronモデルがあります。

     

    両者ともに価格は3万円台。

    ふつうこの価格帯だとメモリが2GBのタイプが多いのですが、
    このideapadシリーズはちゃんと4GBある、これが1つ大きなポイントです。

     

    両者のスペックを表にまとめてみました。

    f:id:akvs99:20160403154215j:plain


    < 大きな違いはCPU >

    どちらもCPUがCeleronなのですが、よく見ると種類が違います。
    ideapad100はCeleron 3215Uを搭載。一方ideapad300はCeleron N3050です。

    3215UはPassmarkのベンチマークスコアが1829、N3050は923です。

    同じセレロンでも差があります。CPUの性能ではideapad100の方が優れていると言っていいでしょう。


    < CPU以外はほぼ同じ >

    CPU以外ではどうでしょう?
    表をもう1回見てもらえればわかりますがCPU以外の両者のスペックはほぼ同じと言っていいぐらいです。パソコン本体の大きさや重さもほぼ同じ。バッテリー性能は少し違いますが、これも似たり寄ったりです。

     

    無線LANの規格が少し違っており、これはideapad300の方が新しい規格となっています。802.11acは通信速度が速く、使用周波数も他の規格と違うので干渉しにくいというメリットがあります。もちろん802.11 b/g/nでも十分な速度は出ますのでそこまで気にする必要はないかと思います。実際問題として802.11ac規格のルーターがないと、メリットを享受できないわけですし。

     

    意外な要素としてカラーバリエーションに差があります。
    ideapad100はブラックのみ。ideapad300はシルバーも選択できます。

    f:id:akvs99:20160403154344j:plain

    こうして見てくると、カラーにこだわなければideapad100と300の違いはほぼCPU性能の差だと考えてもらっていいと思います。

     


    < 最後は価格で決めてOK >

    あとは価格です。
    価格は時期によって変動するので注意しないといけません。

     

    上で述べたように性能で言えば、ideapad100のCeleronモデルの方が上。価格は39,420円(税込、送料込)となっています。一方、ideapad300は4月3日現在の楽天の最安値が36,800円でした。ideapad300の方が少し安いのですが、性能面の差を考慮すれば甲乙つけがたいと思います。Microsoft Officeが付いたモデルもありますが、これも同様です。


    ただ、ideapad100の方は期間限定のクーポンがあります(表の下の2段の価格)。
    このクーポンを使用すると、割引率アップで34,560円に。これならideapd300よりも安いので、結論としてはこれがおすすめとなります。さらにOffice付きモデルだと48,384円。これまたお買い得です。

     

    この「激アツ」クーポンはLenovoのページには載っていませんので、下記のクーポンコードをコピーして買い物のときに打ち込む必要があります。


    クーポンコード:JPTIMESALE1010

    ※10月10日までなので注意してください


    クーポン使用の仕方は簡単です。

    ideapad 100 (Lenovo公式オンラインショップ)

    上のLenovo公式オンラインショップからideapad 100の好きなモデルを選択して、「カートに入れる」をクリックし進むとこのような画面になります。

    f:id:akvs99:20160403154652j:plain

    空欄にコピーしたコードを入れて「クーポンを利用」をクリックすると、画像のように割引された価格が表示されます。ちなみにこれはideapad 100のオフィス付きモデルにクーポンを利用したときの価格です。

     


    < 結論 >

    1.期間限定クーポンを使ってideapad100を買うのがお得

    2.セール期間が終了した場合は、どちらでもよい

    3.早めに届けてほしい場合は、ideapad300の方がいいかも


    繰り返しになりますが、価格は時期によって変動するので
    最新情報をチェックしてみてください。

    ⇒ 【楽天最安値】 Lenovo ideapad300 80M3005WJP
    ⇒ 【楽天最安値】ideapad 300 80M30015JP オフィス付き
    ⇒ ideapad 100 (Lenovo公式オンラインショップ)