Thinkpad E450の気になる話

Thinkpadを10年使い続ける男が気になる新モデルのレビューなどを書いてみる。ThinkPad E460やX1シリーズの価格情報、デザインの話、他メーカーとの比較。

ThinkPad E460のSSDの性能は?

Core i5-6200UとSSD192GBという構成にしたThinkPad E460

f:id:akvs99:20151222181717j:plain

起動も速く、音も静か、それにボディが全く熱くなりません。

3年前ぐらいのノートパソコンを使ってる人に声を大にして言いたいです。

第6世代のCPUはかなり発熱が抑えられてるとうことを。

 

そしてSSDのスピードと静音性。

これはすでに3年前に体験済みですが、より一層静かになったような気がします。

特に高負荷の際の静かさ、3年前のPCとの違いがよくわかります。


一方、処理スピードの方は3年前に購入したSSDと比べ、

さほど速さは実感できません。
(もちろんHDDより速いことは確実なのですが)

 

ベンチマークソフトで計測した結果です。

f:id:akvs99:20160127191435j:plain

読み込み(Read)の方は期待どおりの速さですが

書き込み(Write)は少し弱いみたいです。

 

今回のE460に搭載されているSSD

あまりパフォーマンスの高くないものということは覚悟しておきましょう。

E460のストレージをカスタマイズをする際、

デフォルトは500GBのHDDで、SSDにしたい場合は+7,560円で変更できます。

そう。たった7,560円ですからね~


あまり過度な期待はできないということです。

3年前は確かSSDにするのに128GBの容量で2、3万円かかった記憶があります。

SSDの価格自体が下落傾向にありますが、

やはり7,560円のSSDはそれなりということです。

 

とはいえ、この安いSSDと最新のCPU(Core i5)で

大概はサクサク動いてくれます。

 

特にこれまでHDDしか使ってこなかった人には驚きだと思います。

SSDを一度体験すると、もう二度とHDDに戻れない」

多くの人が口をそろえることからもわかるでしょう。


普通、ノートパソコンでSSD搭載モデルと言えば10万円以上します。

そんなには出せないな~というそこのアナタ!

6、7万円から買えるThinkPad E460のSSD搭載モデルはかなりおすすめですよ。

 

参考までにThinkPad E460に
搭載されているSSDSAMSUNG MZ7LF192HCGS です。


購入の際はEクーポンも忘れずに。

⇒ 割引率アップの限定Eクーポンコード


直販ページとは別にweb限定クーポンが出ており、
これを使った方が安くなる場合があります。

 

 

-関連リンク

【2016年ノートパソコン市場】Core i5 + SSDの最安値を調べてみた。

ThinkPad E460のメモリは8GBあった方がいい?

ThinkPad E460で1つ気になる点、それは・・

ThinkPad E450の個人的評価(その2)